2018

投稿フォームは画面の下方にありますので、スクロールしてください。

12 thoughts on “2018

  1. aono

    岩切沙樹(訳)○周梅森著『人民の名のもとに』(上下) グローバル科学文化出版 2018.10.15

    返信
  2. aono

    下村作次郎〇私の研究—―台湾文学と台湾原住民文学 天理大学 中国文化研究 第34号 2018.3

    返信
  3. aono

    青野繁治(訳)〇施蟄存『鳩摩羅什の煩悩』朋友書店 1988.3
    飯塚容(訳)〇高行健・余華・閻連科『作家たちの愚かしくも愛すべき中国』中央公論新社 2018.6
    瀬戸宏〇『中国の現代演劇――中国話劇史概況』東方書店 2018.9
    西村正男(訳)〇郭強正『惑郷の人』あるむ 2018.11

    返信
  4. aono

    松浦恒雄〇古風な台湾モダニスト—―楊雲萍 日本中国学会報 第七十集 2018.10
    福 長悠〇穆時英におけるモダン都市の性愛と堀口大学――『南北極』および『被当作消遣品的男子』を中心に 日本中国学会報 第七十集 2018.10

    返信
  5. aono

    泉京鹿〇(書評)本格派と社会派の融合—―華文ミステリーの新たな可能性『13・67』 『東方』No.450 2018.8
    立原透耶〇中華圏SFほんのさわり(1)百花繚乱、若手作家たち 『東方』No.451 2018.9
        〇中華圏SFほんのさわり(2)大量の出版物にSFファンは歓喜?悲鳴?『東方』No..452 2018.10
    及川茜〇噂とセックス、ひとりの女からひとつの国へ『海峡を渡る幽霊—―李昂短編集』『東方』No.451 2018.9
    飯塚容〇(書評)沈従文の手紙を読む楽しみ 『沈従文『湘江書簡』—―沅水の旅』『東方』No..452 2018.10

    返信
  6. aono

    明田川聡士〇台湾における東南アジア出身の外国籍労働者/配偶者と「移民文学賞」『東方』447号2018.5
    尾崎文昭〇(書評)中国の荒誕な現実と機知で抵抗する民間の声を伝える 余華著・飯塚容訳『中国では書けない中国の話』『東方』447号2018.5
    山口守〇(書評)受容と交流の文学研究論集『越境する中国文学—―新たな冒険を求めて』『東方』447号2018.5

    返信
  7. aono

    白井澄世◯「漱石と魯迅、百年の“対話”」シンポジウム報告 『東方』No.445 2018.3
    榎本泰子◯SF文学はアジアの未来をどう描くか 『東方』No.445 2018.3
    魚住悦子◯夢を追いつづけた作家シャマン・ラポガンの自伝小説を読む 書評 下村作次郎訳『大海に生きる夢』(草風館) 『東方』No.445 2018.3

    返信
  8. aono

    藤井省三(訳)〇李昂『海峡を渡る幽霊』白水社 2018.2.5
    劉燕子・横澤泰夫(訳)〇余傑・著『劉暁波伝』集広社 2018.2.10
    劉燕子・田島安江(訳)〇劉暁波・著『独り大海原に向かって』書肆侃侃房 2018.3.2

    返信
  9. aono

    ふるまいよしこ〇(余華インタビュー)時間の検証を経ていない作品は読むに値しない 『東方』No.446 2018.4
    及川茜〇(書評)愛の精神勝利法 張愛玲著・濱田麻矢訳『中国が愛を知ったころ』『東方』No.446 2018.4

    返信
  10. aono

    関根謙〇創立一周年を迎えた「慶應義塾中国文学会」『東方』No.443,2018.1
    千島英一〇香港と熊本と『星の王子さま』『東方』No.443,2018.1
    沼崎一郎〇台湾映画『セデック・パレ』をどう観るか――続・人類学的ポストインペリアル批評の試み 『東方』No.443,2018.1
    三木直大〇(書評)サブカルチャーと政治の時代――張小虹『フェイク タイワン』を読む 『東方』No.443,2018.1

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です